社交ダンスの面白さ

のぞみです。

今日は風が強かったですね~!

満開の八重桜が散ってしまわないか心配です。

 

こちらは自宅近くの八重桜です✨

八重桜を見ると、いつもお花紙で作った花を思い出します。


私が作っていたのはもっとずっとシンプルなものですが…

小学校の頃、作って、飾りにして、踊っていたのでした😝

私が社交ダンス(競技ダンス)を始めたきっかけは、大学の部活で…という、競技ダンスの世界では「あるある」話なのですが、そもそも踊ることに触れたきっかけが別にあり…それはさらにさかのぼること約10年前。

わたしは小、中学校のカリキュラムで、モダンダンス(創作ダンス)を習っていました。最初はとっっっても人見知りな性格が災いして、ダンスは本当に苦手だったのですが、素敵な先生との出会いや、トータル9年間、週1回のダンスの授業と、年2回の発表の場があったおかげで、すっかり踊ることが大好きに♪

それから数年後、まさか社交ダンスを踊ることになり、しかも生業にするとは、もちろんまったく予想外…😅

社交ダンスに出会えたことや、その面白さ、奥深さ…等々を知ったこと、そして今でもこうやって踊っていられる環境に感謝しかありません。また、私が踊るきっかけをくれた小学校へ入学させてくれた両親にも感謝…ま、当の両親は、プロになることは反対していましたが(笑)

 

八重桜からだいぶ話が飛びました💦

社交ダンス(ペアダンス)って、言わずもがなボディコミュニケーションそのもので、決まったステップを踊っていてもいなくても、男性と女性のあいだにいろーんな(身体の)やり取りが生まれるんです☆それが面白い!だれがやってもこれは面白いと思うのです。

もっといろんな方に、気軽にトライしていただきたいと思っている今日この頃でした!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください