腹力

個人ブログを引っ越したため、スタッフページ内のリンク先を編集するべく久々にスタッフページにアクセス。

簡単なプロフィールが載っていますが、今日はその中の『剣道』にまつわることを少々。

ワタクシ花田は、自他共に認める声が大きい人物です(^_^;)

正確には自他共にというより他から言われることが非常に多いのです。

話は幼稚園時代に遡ります。当時の僕は幼稚園が大好きで、毎日行ってお友達と遊びたかったのですが、それがなかなか難しかったんです(T_T)

理由は毎週のように風邪を引いてお休みをしてしまったから。よく元気だと言われる僕ですが、当時は相当頻繁に風邪を引く弱い子供でした。自分ではあまり記憶にないのですが、そんな自分が嫌だったからなのか、ある日親に「剣道をやりたい」と言ったのだそうです。自宅の近くの体育館で稽古を行っているとことがあったので、それに興味を示したみたいなんです。

背が低く、痩せていて、風邪をよく引く花田君が剣道を始めて変わったこと。

①風邪を引かなくなった!毎週のように幼稚園を休んでいたのに、年長から始めて小学校は精勤賞!

②声が大きくなった!子供の頃は親に内緒のつもりの話が全て筒抜けでした(苦笑)

全くもって強くはならなかった剣道でしたが、相手と向かい合った時の最初の発声で気合い負けしてはならん!腹から声を出すべし!ということで腹から声をひねり出そうと毎週試みているうちに、自分では気がついていないところで声が大きくなっていたようです。

この腹力というものは剣道のみならず、多くのスポーツで大切になるものだと思っています。もちろん社交ダンスにも♪

お腹を叩かれても痛くない!といった感じではとても動けません。それはただ力んでいるという状況になってしまいますからね。でも大きな声を出す時や、ここ一番何か力を発揮する時にお腹がゆるゆるという方はいらっしゃらないと思います。

良い塩梅というものは容易に見つかるものではありませんが、腹力を見つけていただくと日頃の姿勢でさえも変わっていくと思いますよ♪

花田でした(^-^)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください