突然の雨と雲の境界線

最近急な大雨が降ってくる事が多いですよね。

スタジオに居ると、窓が大きいので様子が良く分かります。

今朝10時頃も一度土砂降りでしたね。

これはその土砂降りのほんの少し前の話。

私達がスタジオに向かうため家を出てすぐに、雨が駐輪場の屋根にすごい勢いで当たる音が。

私『あっ!こりゃえらい(方言)雨が降ってきたね!』
(この時点で屋根の無いところに立っている)

花『あ、本当だ。すごい音がしてるね。スタジオ行くまで持たなかったかぁ』
(まだ屋根の下にいる。)

私『残念だったねぇ。傘無しでいけると思ったんだけどねぇ。』
(相変わらず屋根の無いところに立っている)

花『ねぇ。うわ、音すげーな。土砂降りだー。』
(まだ屋根の下)

私の心の声(あれ?おかしいな。ここ屋根の下だったっけ?あたしに雨当たってないぞ?)
上下左右きょろきょろし始める

花『・・・あれ?』

おやっと思い上を見あげてみたところ、屋根の上には事実雨が降っています。最初は隣のマンションの上の階の方がベランダで水を撒いているのが飛んできてるのかとも思ったのですが、そんな量ではなく・・・。
バシャバシャ地面にも雨が叩きつけられてます。2m先の地面に。

えっ、ここだけ雨が降ってる?!
道歩いている人も傘差してない!
まさか雨の境目を見ることが出来るとは・・・!

そしてこれはまずい!雨に追いつかれないうちにスタジオへ!
という事で急いで向かいました。

案の定我々がついて10分ほどしたらものすごい勢いの雨が降ってきたわけですが、いや~、朝から自然の神秘を見せて頂いた気分です!

後から動画か写真を撮れれば良かったなぁとちょっと後悔したのは内緒です。なかなか無い機会だったからなぁ。むぅ~、まあしょうがない。また機会があったら撮りたいと思います!

みずほでした!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください