春の訪れを告げるもの

3月11日(土)

本日の広尾は曇り。

やはりあまり暖かくないような気がします。

安達先生のお題、春を告げるものですが、

私にとってはやはり『沈丁花の香り』で

しょうか。

この時期になるとどこからともなく、ふわり

と花のいい香りがして来ることがあります。

その香りにつられて周りを見てみると…


この花の姿を大抵見つけられますよね。

2月末から3月にかけて咲くことから、昔より

春の季語としても使われていたようです。

ということは、私の感覚もあながち間違って

ないんだ、良かった良かった。

実家の庭にもあった花なので、なんとなく

『良い匂いがする』=『だんだん暖かくなっていく』

という流れがあったように思います。

子供の頃の経験則と言ったところですね。

なので私の春を告げるものは沈丁花の香り

でした!

次の団先生の『春』はなんでしょうねぇ。

みずほでした!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください