セイロンベンケイソウの子株

大きくなってきましたセイロンベンケイソウ。


子株たちが大変な勢いで増えてきています。

セイロンベンケイソウの繁殖力が非常に強く、暖かい地域(沖縄や小笠原諸島、奄美大島等)では野生化しているそう。『侵略的外来種』と言われているようですね。確かに、そうなっちゃうだろうなぁと思えるくらいの芽の数と根の出易さですもんね。やたらに屋外に出してはいけません。

きっと危険。

でも1m-1.5m位まで成長するとかしないとか…。おうちなら確実に庭とかベランダに出してしまう気がします。

でも出したらポロポロポロポロ落ちて増えて行く一方。風に吹かれて敷地外に出ても生きていけちゃう強い子なので、繁殖しまくりでしょうなぁ。

ただしそんな彼らにも弱点が。

実は南アフリカ出身なので寒さには弱い。

なので暖かい地域でしか野生化出来なんですね。関東では冬場おうちに入れてあげないと全滅するらしいです。

…うちのスタジオの窓際で大丈夫かしら?

若干心配が残りますが、様子を見ましょうか。

みずほでした!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください