シライシダンススタジオ スタッフによるブログです。
社交ダンスをもっともっと楽しんで頂けるよう、ダンスにまつわるコラムやオンラインレクチャーなど、
様々なコンテンツを発信しています。

スタッフ日記
イベント情報
競技会ニュース
ダンスコラム

12人目の選手 7

  • 2018/07/15

 

前回までの記事
12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~
12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~
12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~
12人目の選手 4 ~2010年7月3日の丁野論より~
12人目の選手 5
12人目の選手 6

「応援したチームが負ける」という、世にも恐ろしい力を手にしてしまった丁野。
W杯は見たい、でも応援できないというジレンマに苛まれ・・・

我慢できずにチラッと観た途端、監督が八百長疑惑で解任されてしまい(アギーレショック)

ハリルホジッチ監督を不透明な理由で解雇したことに憤り「そんな忖度ジャパンはむしろ負けてしまえ」という気持ちで観た試合は奇跡的大勝利(GL第1戦 v.s.コロンビア)

暴走する丁野の特殊能力に、未来(あす)はあるのか?!

 


 

この「12人目の選手」シリーズを投稿し始めてからというもの、色々な人から声をかけられるようになりました。しかし皆さん、示し合わせたように同じことを仰るのです。

 

「先生、次の日本戦は見るの?」

 

「次の日本戦は、見ちゃダメよ!」

 

「いいか、見るなよ?ぜったい見るなよ?」

 

 

 

むしろ「見ろ」ということでしょうか?

 

ダチョウ倶楽部のように「見るなよ?見るなよ?」と念を押されれば押されるほど、逆に「見ろ」と言われてるような気持ちになってきます。みんな、心の中では面白がってるんじゃないか・・・?

というわけで、グループリーグ第1戦 v.s.コロンビア以降の、丁野の観戦記をここに書き残したいと思います。
ちなみに第1戦こそ「ハリル監督に酷いことした日本代表、負けてしまえ」と思ってましたが、いざ勝ち星が付きGL突破の可能性が出てくると「やっぱり選手にとっては夢の大舞台だし、ラストチャンスの人もいるだろうから、勝ってほしい、頑張ってほしい」という気持ちが湧いてくるものです。そんなわけで華麗に手の平を返し、2戦目以降は日本を応援する気持ちになっていました。そして・・・

 

6月24日(日)
【日本 × セネガル】

深夜だったため寝てしまい観戦できず
→ 日本、驚異的な粘りを見せ善戦、2-2の引き分け

 

6月28日(木)
【日本 × ポーランド】

観ないつもりだったが、何を思ったかのぞみ先生から画面を見せられる。後半開始時から観戦。

 

 

→ 見始めて15分後、さっそく1点取られる。

 

 

→ そのまま0-1で敗退。終盤の日本のパス回しは世界中からブーイングされる。

 

7月2日(月)
【日本 × ベルギー】

 

 

最後まで我慢して見なかった。
→ 日本、「今大会のベストゲーム」と呼ばれるほどの大健闘を見せる。

 

結局、僕が見たのはポーランド戦だけです。それも後半開始後15分のみ。

つまり、このとき僕が見てる間に点を取られたのです!

そして大会を通して健闘し絶賛された日本ですが、僕が見たこの試合だけ異常にブーイングを受けたのです!!!

 

 

今回もW杯の裏でひっそりと行なわれたもう1つの戦いも、ついに幕を閉じました・・・

あとは、自分のこの力に怯えることなく、純粋な気持ちで残りのW杯を楽しみたいと思います。

 

おすすめ記事一覧
シライシダンススタジオのSNS!
facebookページ
instagram
シライシダンススタジオへのアクセス
〒106-0047 東京都港区 南麻布, 5丁目10−26 ORE広尾ビル2階

12人目の選手 7

 

前回までの記事
12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~
12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~
12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~
12人目の選手 4 ~2010年7月3日の丁野論より~
12人目の選手 5
12人目の選手 6

「応援したチームが負ける」という、世にも恐ろしい力を手にしてしまった丁野。
W杯は見たい、でも応援できないというジレンマに苛まれ・・・

我慢できずにチラッと観た途端、監督が八百長疑惑で解任されてしまい(アギーレショック)

ハリルホジッチ監督を不透明な理由で解雇したことに憤り「そんな忖度ジャパンはむしろ負けてしまえ」という気持ちで観た試合は奇跡的大勝利(GL第1戦 v.s.コロンビア)

暴走する丁野の特殊能力に、未来(あす)はあるのか?!

 


 

この「12人目の選手」シリーズを投稿し始めてからというもの、色々な人から声をかけられるようになりました。しかし皆さん、示し合わせたように同じことを仰るのです。

 

「先生、次の日本戦は見るの?」

 

「次の日本戦は、見ちゃダメよ!」

 

「いいか、見るなよ?ぜったい見るなよ?」

 

 

 

むしろ「見ろ」ということでしょうか?

 

ダチョウ倶楽部のように「見るなよ?見るなよ?」と念を押されれば押されるほど、逆に「見ろ」と言われてるような気持ちになってきます。みんな、心の中では面白がってるんじゃないか・・・?

というわけで、グループリーグ第1戦 v.s.コロンビア以降の、丁野の観戦記をここに書き残したいと思います。
ちなみに第1戦こそ「ハリル監督に酷いことした日本代表、負けてしまえ」と思ってましたが、いざ勝ち星が付きGL突破の可能性が出てくると「やっぱり選手にとっては夢の大舞台だし、ラストチャンスの人もいるだろうから、勝ってほしい、頑張ってほしい」という気持ちが湧いてくるものです。そんなわけで華麗に手の平を返し、2戦目以降は日本を応援する気持ちになっていました。そして・・・

 

6月24日(日)
【日本 × セネガル】

深夜だったため寝てしまい観戦できず
→ 日本、驚異的な粘りを見せ善戦、2-2の引き分け

 

6月28日(木)
【日本 × ポーランド】

観ないつもりだったが、何を思ったかのぞみ先生から画面を見せられる。後半開始時から観戦。

 

 

→ 見始めて15分後、さっそく1点取られる。

 

 

→ そのまま0-1で敗退。終盤の日本のパス回しは世界中からブーイングされる。

 

7月2日(月)
【日本 × ベルギー】

 

 

最後まで我慢して見なかった。
→ 日本、「今大会のベストゲーム」と呼ばれるほどの大健闘を見せる。

 

結局、僕が見たのはポーランド戦だけです。それも後半開始後15分のみ。

つまり、このとき僕が見てる間に点を取られたのです!

そして大会を通して健闘し絶賛された日本ですが、僕が見たこの試合だけ異常にブーイングを受けたのです!!!

 

 

今回もW杯の裏でひっそりと行なわれたもう1つの戦いも、ついに幕を閉じました・・・

あとは、自分のこの力に怯えることなく、純粋な気持ちで残りのW杯を楽しみたいと思います。