シライシダンススタジオ スタッフによるブログです。
社交ダンスをもっともっと楽しんで頂けるよう、ダンスにまつわるコラムやオンラインレクチャーなど、
様々なコンテンツを発信しています。

スタッフ日記
イベント情報
競技会ニュース
ダンスコラム

12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~

  • 2018/06/26

この記事は、旧・丁野真一&井上望 webサイト内「丁野論」で、2010年6月に公開されたエントリー4作を全文そのまま転載したものです。
2010年南アフリカW杯期間中の出来事であるということを踏まえて読んで頂くと、よりお楽しみ頂けるかと思います。

【4記事一覧】
12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~
12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~(当記事)
12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~
12人目の選手 4 ~2010年7月3日の丁野論より~


今回のW杯で浮上してきた「僕が応援したチームは負ける」疑惑、果たして本当でしょうか。僕としては甚だ不本意ではありますが、言われてみれば確かに、思い当たる節が無い訳でもありません。

思い当たる節 その1

好きなチームはフランス

今大会では、内紛の末1勝もできずグループリーグ敗退。
エコノミークラスで帰国。

 

思い当たる節 その2

高校時代、好きなJリーグチームはフリューゲルス

出資会社が経営不振となりチーム消滅。
マリノスに吸収される。

 

思い当たる節 その3

4年前のドイツW杯、応援していたチームはフランス。
応援していた選手はジネディーヌ・ジダン。

頭突きしてレッドカード、そのまま引退に。

 

な ん だ こ れ は ・ ・ ・ ? !

 

揃いも揃って、サッカー史に名を刻むレベルの悲劇的な末路を辿ってるじゃあないですか!もはやただ「試合に負ける」だけ、なんて可愛く思えてくるほどの不幸っぷり。今まで気づかなかったけど、これって凄い事なんじゃ・・・。

因みに4年前、ドイツW杯の頃の、自分のブログを見直してみました。

2006年7月1日 ちょーの&のぞみのブログ より

>フランスを応援しようと思います。ジダンには是非頑張って貰いたい。
>引退を賭けて臨む今回は何かやってくれそうな気がします。

本当に何かやってくれました。これも僕がこんな事を書いたからでしょうか・・・。いやいや、そんな馬鹿な!こんなの偶然に決まってますよ!

そこで今一度、このジンクスが本当かどうか検証してみる事に。高木隆先生(ノガミスポーツダンスクラブ所属)から、「ちょうど今試合中の、イングランドv.s.ドイツ戦、どっち応援する?」と振られました。

うむ。イングランドは、フランス同様チーム内の確執が囁かれたものの、その選手が謝罪した事で一転、チームの結束が高まり、グループリーグを見事突破したという経緯があります。

 

ちょーの : 「ここはひとつ、辛苦を乗り越えてきたイングランドを応援したいと思います!」

高木先生 : 「2-1で負けてるよ」

その場の全員 : 「お前はもうサッカーを見るな」

 

いやいやいやいや!まだ分かりませんよ!判官贔屓(ほうがんびいき)だから負ける率の方が高い、って理由かもしれませんよ!

ホテルの部屋に戻って、トイレに入ります。のぞみ先生がTVをつける音が聞こえます。トイレから出てきた僕が、画面のイングランドv.s.ドイツ戦に目をやります。

 

5秒後、イングランドが3点目を入れられました。

 

その3分後に、ドイツがダメ押しの4点目を挙げそのまま試合終了。後に聞いたところによると、4-1はイングランドにとってW杯史上最悪のスコアだそうですね。しかも世紀の誤審によって、同点ゴールが認められなかったとか。

 

いよいよ否定できなくなってきました・・・。

 


次エントリー「12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~

おすすめ記事一覧
シライシダンススタジオのSNS!
facebookページ
instagram
シライシダンススタジオへのアクセス
〒106-0047 東京都港区 南麻布, 5丁目10−26 ORE広尾ビル2階

12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~

この記事は、旧・丁野真一&井上望 webサイト内「丁野論」で、2010年6月に公開されたエントリー4作を全文そのまま転載したものです。
2010年南アフリカW杯期間中の出来事であるということを踏まえて読んで頂くと、よりお楽しみ頂けるかと思います。

【4記事一覧】
12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~
12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~(当記事)
12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~
12人目の選手 4 ~2010年7月3日の丁野論より~


今回のW杯で浮上してきた「僕が応援したチームは負ける」疑惑、果たして本当でしょうか。僕としては甚だ不本意ではありますが、言われてみれば確かに、思い当たる節が無い訳でもありません。

思い当たる節 その1

好きなチームはフランス

今大会では、内紛の末1勝もできずグループリーグ敗退。
エコノミークラスで帰国。

 

思い当たる節 その2

高校時代、好きなJリーグチームはフリューゲルス

出資会社が経営不振となりチーム消滅。
マリノスに吸収される。

 

思い当たる節 その3

4年前のドイツW杯、応援していたチームはフランス。
応援していた選手はジネディーヌ・ジダン。

頭突きしてレッドカード、そのまま引退に。

 

な ん だ こ れ は ・ ・ ・ ? !

 

揃いも揃って、サッカー史に名を刻むレベルの悲劇的な末路を辿ってるじゃあないですか!もはやただ「試合に負ける」だけ、なんて可愛く思えてくるほどの不幸っぷり。今まで気づかなかったけど、これって凄い事なんじゃ・・・。

因みに4年前、ドイツW杯の頃の、自分のブログを見直してみました。

2006年7月1日 ちょーの&のぞみのブログ より

>フランスを応援しようと思います。ジダンには是非頑張って貰いたい。
>引退を賭けて臨む今回は何かやってくれそうな気がします。

本当に何かやってくれました。これも僕がこんな事を書いたからでしょうか・・・。いやいや、そんな馬鹿な!こんなの偶然に決まってますよ!

そこで今一度、このジンクスが本当かどうか検証してみる事に。高木隆先生(ノガミスポーツダンスクラブ所属)から、「ちょうど今試合中の、イングランドv.s.ドイツ戦、どっち応援する?」と振られました。

うむ。イングランドは、フランス同様チーム内の確執が囁かれたものの、その選手が謝罪した事で一転、チームの結束が高まり、グループリーグを見事突破したという経緯があります。

 

ちょーの : 「ここはひとつ、辛苦を乗り越えてきたイングランドを応援したいと思います!」

高木先生 : 「2-1で負けてるよ」

その場の全員 : 「お前はもうサッカーを見るな」

 

いやいやいやいや!まだ分かりませんよ!判官贔屓(ほうがんびいき)だから負ける率の方が高い、って理由かもしれませんよ!

ホテルの部屋に戻って、トイレに入ります。のぞみ先生がTVをつける音が聞こえます。トイレから出てきた僕が、画面のイングランドv.s.ドイツ戦に目をやります。

 

5秒後、イングランドが3点目を入れられました。

 

その3分後に、ドイツがダメ押しの4点目を挙げそのまま試合終了。後に聞いたところによると、4-1はイングランドにとってW杯史上最悪のスコアだそうですね。しかも世紀の誤審によって、同点ゴールが認められなかったとか。

 

いよいよ否定できなくなってきました・・・。

 


次エントリー「12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~