シライシダンススタジオ スタッフによるブログです。
社交ダンスをもっともっと楽しんで頂けるよう、ダンスにまつわるコラムやオンラインレクチャーなど、
様々なコンテンツを発信しています。

スタッフ日記
イベント情報
競技会ニュース
ダンスコラム

12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~

  • 2018/06/26

この記事は、旧・丁野真一&井上望 webサイト内「丁野論」で、2010年6月に公開されたエントリー4作を全文そのまま転載したものです。
2010年南アフリカW杯期間中の出来事であるということを踏まえて読んで頂くと、よりお楽しみ頂けるかと思います。

【4記事一覧】
12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~(当記事)
12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~
12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~
12人目の選手 4 ~2010年7月3日の丁野論より~


随分と盛り上がりを見せているサッカーW杯ですが、皆さん、贔屓のチームは活躍できているでしょうか?ヨーロッパ強豪国の思わぬ不振や、下位ランク国の意外な躍進など、特に今回は波乱含みな展開が多いように思います。

中でも、我々にとって最もエキサイティングな出来事といえば、何といっても日本代表の決勝トーナメント進出でしょう。開幕前の低迷は何だったのかと思うほどの、チームの発奮と監督の名采配。8年前にも感じた事ですが、岡田監督はその手腕もさる事ながら、勝負師としての圧倒的な運を“持っている”ように思います。まあ、その引き寄せる能力も含めての力量なんでしょう。

ところでグループリーグの3試合を振り返ってみて、僕なりにふと気付いた事があるのです。ちょっと書き出してみました。

 

試合 ちょーのが観戦したか否か 結果
第1戦
v.s.カメルーン
練習中につき試合は観ていない
練習後、結果を確認
1-0 で勝利
第2戦
v.s.オランダ
試合前日だったため観ないつもりだったが、
気になってきて後半からワンセグで観戦
後半に点を取られ
0-1 で敗北
第3戦
v.s.デンマーク
夜遅かったので試合は観ていない
起床後、結果を確認
3-1 で勝利

 

この法則性は一体・・・?

 

以前、土屋先生とW杯の話をしていて、

土 : 「俺がトイレ行ってる時に限って、日本が点を入れるんだよなー。」

丁 : 「じゃあ先生、日本の為にずっとトイレ入ってて下さい。」

・・・なんてやり取りがあったものですが、人のこと言ってる場合じゃありません。今のところ100%の確率で僕が観なかった試合だけ勝っています。オランダ戦なんか観始めた途端に点を取られてそのまま敗退です。いや、そんな、まさかね・・・。

そこで更に思い出したのです。今回のサトウアキヒコダンススタジオ真夏の舞踏晩餐会、そのタイトルに「ITALIA」を提案したのも、他ならぬ僕であった事を・・・!

 

まさか、あんな悲惨な末路を辿るなんて・・・。

 

【W杯】イタリア、前回覇者がまさかの最下位で敗退 – MSN産経ニュース(現在はリンク切れ)


次エントリー「12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~

おすすめ記事一覧
シライシダンススタジオのSNS!
facebookページ
instagram
シライシダンススタジオへのアクセス
〒106-0047 東京都港区 南麻布, 5丁目10−26 ORE広尾ビル2階

12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~

この記事は、旧・丁野真一&井上望 webサイト内「丁野論」で、2010年6月に公開されたエントリー4作を全文そのまま転載したものです。
2010年南アフリカW杯期間中の出来事であるということを踏まえて読んで頂くと、よりお楽しみ頂けるかと思います。

【4記事一覧】
12人目の選手 ~2010年6月25日の丁野論より~(当記事)
12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~
12人目の選手 3 ~2010年6月29日の丁野論より~
12人目の選手 4 ~2010年7月3日の丁野論より~


随分と盛り上がりを見せているサッカーW杯ですが、皆さん、贔屓のチームは活躍できているでしょうか?ヨーロッパ強豪国の思わぬ不振や、下位ランク国の意外な躍進など、特に今回は波乱含みな展開が多いように思います。

中でも、我々にとって最もエキサイティングな出来事といえば、何といっても日本代表の決勝トーナメント進出でしょう。開幕前の低迷は何だったのかと思うほどの、チームの発奮と監督の名采配。8年前にも感じた事ですが、岡田監督はその手腕もさる事ながら、勝負師としての圧倒的な運を“持っている”ように思います。まあ、その引き寄せる能力も含めての力量なんでしょう。

ところでグループリーグの3試合を振り返ってみて、僕なりにふと気付いた事があるのです。ちょっと書き出してみました。

 

試合 ちょーのが観戦したか否か 結果
第1戦
v.s.カメルーン
練習中につき試合は観ていない
練習後、結果を確認
1-0 で勝利
第2戦
v.s.オランダ
試合前日だったため観ないつもりだったが、
気になってきて後半からワンセグで観戦
後半に点を取られ
0-1 で敗北
第3戦
v.s.デンマーク
夜遅かったので試合は観ていない
起床後、結果を確認
3-1 で勝利

 

この法則性は一体・・・?

 

以前、土屋先生とW杯の話をしていて、

土 : 「俺がトイレ行ってる時に限って、日本が点を入れるんだよなー。」

丁 : 「じゃあ先生、日本の為にずっとトイレ入ってて下さい。」

・・・なんてやり取りがあったものですが、人のこと言ってる場合じゃありません。今のところ100%の確率で僕が観なかった試合だけ勝っています。オランダ戦なんか観始めた途端に点を取られてそのまま敗退です。いや、そんな、まさかね・・・。

そこで更に思い出したのです。今回のサトウアキヒコダンススタジオ真夏の舞踏晩餐会、そのタイトルに「ITALIA」を提案したのも、他ならぬ僕であった事を・・・!

 

まさか、あんな悲惨な末路を辿るなんて・・・。

 

【W杯】イタリア、前回覇者がまさかの最下位で敗退 – MSN産経ニュース(現在はリンク切れ)


次エントリー「12人目の選手 2 ~2010年6月28日の丁野論より~