冬の思い出 みずほ編

12月13日(火)

本日の広尾は曇り時々雨。

ちょっとグズついているようですね。

安達先生からのフリは「冬の思い出」。

…そうですねぇ、私の冬の思い出と言うと、

割と寒い地域に住んでいたこともあり、

冬といえばこたつにみかんにストーブ

という組み合わせで生活していました。

これが大晦日となると、

こたつにみかんにストーブ、殻付き落花生、

天津甘栗、お漬物が追加になり、大人に

なってからは更にお酒が追加され、更に

年越し蕎麦を頂くというのが通例でした。

アクティブなタイプの人達は、二年参り

というイベントに出かけていきます。

夜中の12時を挟んでお寺にお参りに行く

イベントなのですが、とにかく寒い😨。

そりゃそうですよね、長野県の冬ですし、

私の地元、だいぶ標高が高いですから…。

しかもそのお寺、更に山の中あって道も

細く、本当に山道を徒歩で登るような所

にあるお寺なので、道も凍っていてとっても

危険😱。なので私はもっぱら家で過ごして、

お昼くらいから初詣に行くパターンが多か

ったです。

なので私の冬の思い出は、コタツでぬくぬく

していたなぁ…。という感じです!

あ、もちろんこれは働きに出る前までのお話

ですよ!

某古本屋さんでバイトしていた頃は、お正月

から働いてましたので^_^;。

やはりその時期は独身のフリーターがフル

稼働しないとお店回らないですからね〜。

それはそれで楽しかったなぁ(^-^)。

冬の思い出と言うより年末年始の思い出

ですね。
みずほでした〜♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください