第 1 回

ナチュラルターンはなぜ右回り!?



どうも! ダンス雑誌記者・丁野です!

突然ですが皆さん、ナチュラルターンはなぜ右回りなのか考えたことはありませんか?

ナチュラルターンに限らず、社交ダンスにおいて「ナチュラル〇〇」という名前のステップはすべて右回り。
でもなんで、右回りが自然なんでしょう?右回りが不自然という人もいるでしょうし……

この謎を解明すべく、偉~い先生にお話を聞きにいって参りました!
相手は偉~い先生とはいえ、私も真実を追求するダンス雑誌記者。「右回りを自然」とすることに納得のいく回答が得られなかった場合、今後アンナチュラルターンと呼ぶことも辞さない構えですよ私は!

社交ダンス研究家・花田教授

お話を伺ったのはこの方、社交ダンス研究の第一人者・花田教授です。
教授、本日はよろしくお願いします!

うむ、こちらこそよろしく!

あの…本題に入る前にちょっとお尋ねしたいのですが……なぜわざわざ本棚の前に?

なんだと!?
「有識者は本棚の前でインタビューを受ける」に決まっておろうが‼
この蔵書の多さが、わしの社交ダンスへの造詣の深さを物語っておるのだ!

圧をかけてくる花田教授

そ…それは、たいへん失礼しました。
(でも、めちゃくちゃフリー素材っぽい本棚なんだけどなあ…)

では本題である、インタビューに入りたいと思います。
教授、なぜ「右回り=ナチュラル」なんですか?  

実はわかっていない?!  右回り=ナチュラルの理由

うむ、なぜ「右回り=ナチュラル」なのか。
その答えはずばり、わかっておらん!

えぇぇ~~~~!!!???
さっきは「わしの社交ダンスへの造詣の深さ」とか言ってたくせに、結局わかんないのかよ!!!
来て損した~~~!!!

こらこら、結論を急ぐな💦
わかってないとは言ったが、それは確かな証拠がないからだ。
なぜ「右回り=ナチュラル」になったのか、ちゃんと考察された有力な説というものが、あるのだぞ!

あ、これは教授、たいへん失礼しました。
ではその「有力な説」というものをお聞かせください。

う、うむ……

男女の組み方に関係アリ?

そもそも社交ダンスを踊るとき、男女は半身ズレて、お互いの右半身と右半身が向かい合うように組む。

はい。
相手の真正面には立たずに、自分にとっての左側にズレた位置で組みますね。つまり男女とも、相手が自分の右斜め前にいる状態です。

この組み方をしていると、互いが前進しようとすると、自然と右に回っていくということが起きるのだ。

でも実際に踊ってると、どちらかが前進するとき、相手は後退になりますが……

それも同じ原理である。
少しでも前進する人が、後退する人を追い越すような状況になると、やはり自然と右に回っていってしまうのだ。

つまりこの、お互いに左にズレた組み方で踊るかぎり、右回り=ナチュラルなのである!

なるほど~~~!
でもそうなると今度は、なぜ左にズレて組むのか?という、新たな疑問が湧いてくるのですが……

それについてもちゃんと、有力な説がある。
ずばり「左側に剣を差してたから」説だ!

左側に剣を差してたから、左側に立つようになった説

「左側に剣を差してたから」説?
なんですか、その説は……

うむ。
その昔ダンスが普及し、剣を下げた騎士たちも踊るようになった。彼らの剣が邪魔になってしまうため、それを避けるように、相手の真正面ではなく半身ズレた位置で組むようになった。
騎士たちには右利きの人が多く、剣は抜きやすい左側に装着されたため、剣が邪魔にならない側…すなわち自分にとっての左側に立つことが一般的になった、という説である。

なぜ日本刀…?

なるほ…ど……??? でも、剣を差したまま踊りますかね?
いまいち説得力がない気もするのですが、これはどういった文献や研究にもとづいた考察なのでしょうか?

ネットに書いてあった。

はあああ~~~???!!! ネットかよ!!!
それなら自分で調べられるし、「ネット情報は信じちゃダメ」って編集長も言ってたぞ!
取材費返せよ~~~!!!

待て待て待て!!!
ネット以外にもちゃんと、書籍などを参考にしておる💦

ただ、どの考察にしても、当時の資料や記録が残ってるわけではない以上、「たぶんこうだったんじゃないか」という推測しかできないのだ。
ちゃんとマジメに調べた結果なんだぞ。

そうでしたか教授、たいへん失礼しました。
ではお話を続けてください。

(コイツちょいちょい、めっちゃ失礼になるな……)

もしも左回り=ナチュラルだったら? 逆さまに組んで踊ってみた!

剣以外にも、例えばハンカチーフも左胸に差したりするし、右利きの人にとっては「左側に何かを装着する」方が具合がよかったんだろう。
そうやって自然発生的に、左側に立って踊る人が多くなり、一般的になっていったのだと思われる。

つまり現在の組み方が形成されたのは、右利きの人間が多かったからである、と言うこともできるのだ!

ふむふむ…
結論だけ聞くとミモフタモナイ気もしますが、ちゃんと理由を考えれば納得ですね!

そこでわしは、ある1つの仮説を立ててみた。
それすなわち、

もしも世の中に左利きの方が多かったら?

という思考実験である。
もしも左利きの人に最適化して発展したなら、おそらく社交ダンスは

  • 右側に半身ズレて立ち、
  • 左回りが自然であることから「左回り=ナチュラルターン」

になったんじゃないか?
という考察なのだ!!!

へえぇ~! なるほど、おもしろい「if」ですね~。
でも推測の域を出ないし、妄想して楽しむしかないですね。

そんなことはない。
実際にわしが踊ってみた。

えええーーー!!!???
「踊ってみた」って……
右側に立って踊ったんですか⁉ そんなことできるんですか?

それどころか、組み方やステップも逆にしたぞ。
右は手の平を握り、左は女性の背中を支える
つまりは通常と逆のホールドだな。

振り付けも同様に、
足の左右・回転方向のすべてを反対にした、完全逆さまバージョンである。

以下にその動画を貼るから、とくと見るがよい!

僕もちょっとやってみましたが、めっちゃ難しいですねコレ!
さすが教授、おみそれしましたァーーー!!!

(さっきは「取材費返せ」とか言ってたくせに、調子のいいやつだな…)


皆さん、いかがでしたか?

なぜナチュラルターン=右回りなのか?
そしてなぜ左側にズレて組むのか?

確かな証拠や記録はないけれど、こうして考察を聞くと、なるほどと思えるお話でしたね!

このインタビュー、実はこれで終わりではありません。なんと第2回「リバースターンについて」に続きます。

次回は9月4日(金)公開予定、お楽しみに!


冒頭のマンガ『ボールルームへようこそ』コマ画像は、著作権者の許可を得ているコマ投稿サービス、『アル | マンガの新刊・無料情報メディア』のツールを使用し投稿しています。
また「ダンス雑誌記者・丁野です!」というセリフについては、作者である竹内友さんと講談社の許可を得て掲載しています。

参考書籍:私がほしかったダンス用語集 金子昭(著)

第 1 回

ナチュラルターンはなぜ右回り!?



どうも! ダンス雑誌記者・丁野です!

突然ですが皆さん、ナチュラルターンはなぜ右回りなのか考えたことはありませんか?

ナチュラルターンに限らず、社交ダンスにおいて「ナチュラル〇〇」という名前のステップはすべて右回り。
でもなんで、右回りが自然なんでしょう?右回りが不自然という人もいるでしょうし……

この謎を解明すべく、偉~い先生にお話を聞きにいって参りました!
相手は偉~い先生とはいえ、私も真実を追求するダンス雑誌記者。「右回りを自然」とすることに納得のいく回答が得られなかった場合、今後アンナチュラルターンと呼ぶことも辞さない構えですよ私は!

社交ダンス研究家・花田教授

お話を伺ったのはこの方、社交ダンス研究の第一人者・花田教授です。
教授、本日はよろしくお願いします!

うむ、こちらこそよろしく!

あの…本題に入る前にちょっとお尋ねしたいのですが……なぜわざわざ本棚の前に?

なんだと!?
「有識者は本棚の前でインタビューを受ける」に決まっておろうが‼
この蔵書の多さが、わしの社交ダンスへの造詣の深さを物語っておるのだ!

圧をかけてくる花田教授

そ…それは、たいへん失礼しました。
(でも、めちゃくちゃフリー素材っぽい本棚なんだけどなあ…)

では本題である、インタビューに入りたいと思います。
教授、なぜ「右回り=ナチュラル」なんですか?  

実はわかっていない?!  右回り=ナチュラルの理由

うむ、なぜ「右回り=ナチュラル」なのか。
その答えはずばり、わかっておらん!

えぇぇ~~~~!!!???
さっきは「わしの社交ダンスへの造詣の深さ」とか言ってたくせに、結局わかんないのかよ!!!
来て損した~~~!!!

こらこら、結論を急ぐな💦
わかってないとは言ったが、それは確かな証拠がないからだ。
なぜ「右回り=ナチュラル」になったのか、ちゃんと考察された有力な説というものが、あるのだぞ!

あ、これは教授、たいへん失礼しました。
ではその「有力な説」というものをお聞かせください。

う、うむ……

男女の組み方に関係アリ?

そもそも社交ダンスを踊るとき、男女は半身ズレて、お互いの右半身と右半身が向かい合うように組む。

はい。
相手の真正面には立たずに、自分にとっての左側にズレた位置で組みますね。つまり男女とも、相手が自分の右斜め前にいる状態です。

この組み方をしていると、互いが前進しようとすると、自然と右に回っていくということが起きるのだ。

でも実際に踊ってると、どちらかが前進するとき、相手は後退になりますが……

それも同じ原理である。
少しでも前進する人が、後退する人を追い越すような状況になると、やはり自然と右に回っていってしまうのだ。

つまりこの、お互いに左にズレた組み方で踊るかぎり、右回り=ナチュラルなのである!

なるほど~~~!
でもそうなると今度は、なぜ左にズレて組むのか?という、新たな疑問が湧いてくるのですが……

それについてもちゃんと、有力な説がある。
ずばり「左側に剣を差してたから」説だ!

左側に剣を差してたから、左側に立つようになった説

「左側に剣を差してたから」説?
なんですか、その説は……

うむ。
その昔ダンスが普及し、剣を下げた騎士たちも踊るようになった。彼らの剣が邪魔になってしまうため、それを避けるように、相手の真正面ではなく半身ズレた位置で組むようになった。
騎士たちには右利きの人が多く、剣は抜きやすい左側に装着されたため、剣が邪魔にならない側…すなわち自分にとっての左側に立つことが一般的になった、という説である。

なぜ日本刀…?

なるほ…ど……??? でも、剣を差したまま踊りますかね?
いまいち説得力がない気もするのですが、これはどういった文献や研究にもとづいた考察なのでしょうか?

ネットに書いてあった。

はあああ~~~???!!! ネットかよ!!!
それなら自分で調べられるし、「ネット情報は信じちゃダメ」って編集長も言ってたぞ!
取材費返せよ~~~!!!

待て待て待て!!!
ネット以外にもちゃんと、書籍などを参考にしておる💦

ただ、どの考察にしても、当時の資料や記録が残ってるわけではない以上、「たぶんこうだったんじゃないか」という推測しかできないのだ。
ちゃんとマジメに調べた結果なんだぞ。

そうでしたか教授、たいへん失礼しました。
ではお話を続けてください。

(コイツちょいちょい、めっちゃ失礼になるな……)

もしも左回り=ナチュラルだったら? 逆さまに組んで踊ってみた!

剣以外にも、例えばハンカチーフも左胸に差したりするし、右利きの人にとっては「左側に何かを装着する」方が具合がよかったんだろう。
そうやって自然発生的に、左側に立って踊る人が多くなり、一般的になっていったのだと思われる。

つまり現在の組み方が形成されたのは、右利きの人間が多かったからである、と言うこともできるのだ!

ふむふむ…
結論だけ聞くとミモフタモナイ気もしますが、ちゃんと理由を考えれば納得ですね!

そこでわしは、ある1つの仮説を立ててみた。
それすなわち、

もしも世の中に左利きの方が多かったら?

という思考実験である。
もしも左利きの人に最適化して発展したなら、おそらく社交ダンスは

  • 右側に半身ズレて立ち、
  • 左回りが自然であることから「左回り=ナチュラルターン」

になったんじゃないか?
という考察なのだ!!!

へえぇ~! なるほど、おもしろい「if」ですね~。
でも推測の域を出ないし、妄想して楽しむしかないですね。

そんなことはない。
実際にわしが踊ってみた。

えええーーー!!!???
「踊ってみた」って……
右側に立って踊ったんですか⁉ そんなことできるんですか?

それどころか、組み方やステップも逆にしたぞ。
右は手の平を握り、左は女性の背中を支える
つまりは通常と逆のホールドだな。

振り付けも同様に、
足の左右・回転方向のすべてを反対にした、完全逆さまバージョンである。

以下にその動画を貼るから、とくと見るがよい!

僕もちょっとやってみましたが、めっちゃ難しいですねコレ!
さすが教授、おみそれしましたァーーー!!!

(さっきは「取材費返せ」とか言ってたくせに、調子のいいやつだな…)


皆さん、いかがでしたか?

なぜナチュラルターン=右回りなのか?
そしてなぜ左側にズレて組むのか?

確かな証拠や記録はないけれど、こうして考察を聞くと、なるほどと思えるお話でしたね!

このインタビュー、実はこれで終わりではありません。なんと第2回「リバースターンについて」に続きます。

次回は9月4日(金)公開予定、お楽しみに!


冒頭のマンガ『ボールルームへようこそ』コマ画像は、著作権者の許可を得ているコマ投稿サービス、『アル | マンガの新刊・無料情報メディア』のツールを使用し投稿しています。
また「ダンス雑誌記者・丁野です!」というセリフについては、作者である竹内友さんと講談社の許可を得て掲載しています。

参考書籍:私がほしかったダンス用語集 金子昭(著)