file. 2

炎に舞う不死鳥! フェニックスドレス


こんにちは!
花田みずほが今まで着用してきたオーダードレスの数々…そのこだわり&制作ウラ話を紹介するコーナー『みずほのこだわりドレス』
今回が第2回となります。

このドレスは今期(2020年)用に作成したドレスです。
残念ながら試合では、1月のUK選手権と2月のインペリアルチャンピオンシップ、アジアオープンの3試合しか着られていないドレスとなっています。


私が形にしたかったイメージ

今回は私の中に、どうしても形にしたいイメージがありました。なので、前回赤ドレスを着たときから短いスパンでの、赤ドレス作成となりました。

デザイナーの関さんと私との間で、このようなやり取りが…


今回は赤で!
メラメラしたイメージで!
め、メラメラ…?
スカートは広がるように!
回ったとき横にボリュームが欲しいです!
ふんふん
後ろに火の鳥のデザイン入れたいんです!
石とか羽根とかで…
火の鳥? え…? え?
どんな感じの…?
手塚治虫…?
あ、そっちじゃないです💦
では「こんな感じ」っていう、参考にした画像を送りますね!
これとまったく同じにしたいわけじゃないんですが、イメージです!


こちらが参考にした画像、その1

https://www.istockphoto.com/jp/%E3%83%99%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC/phoenix-mythical-bird-on-white-gm597219822-102319705
↑ こちらも参考にした画像その2。埋め込み機能が使えないのでリンクです。


画像助かります
これをもとに、出来そうなデザイン考えますね!
…で!
ホールドしたときにこのデザインが見えるみたいにしたいんですよ!
歩いてるときは見えなくていいんです全然
なんかいい案ありますかね?
あー、なるほど
であればこれをこうしてみては・・・?


…などという、相変わらず具体的な説明のできない私の話を聞いて、きちんと形にしてくれる関さん。

出来るだけ赤のイメージを強くしたかったので、当初は赤の石で、羽根も赤で、と思っていたのですが…
逆にそれでは赤が映えない!という関さんの意見により、黄色やオレンジの羽根も使い、より鮮やかな配色に! 

フロートも、動きやすく、かつ、広がりを消してしまうことなくいかに胴体と繋がって見せるかという部分に苦心しました。

全面羽根?
いやいやそれじゃ重くて飛ばない!
…などなど、手探りが続きます。

競技会でのドレスお披露目!

無事仕上がったドレスを持ち、イギリスへ出発!
そしてUK戦でのニュードレスお披露目!

(結果はともかく)意気揚々と踊って帰ってきたわけですが、後日撮って頂いていた写真をみていて、意外とデザインが目立たないことに気付き、再び関さんの元へ…

1月 UK選手権のときの写真


意外と会場では目立たなかったんですよね
羽根を増やしたいんですが…
そうですね~
作った時点ではちょうどいいかと思ったんですけど、意外と、もっとやっていいんですね!
では羽根の量を増やして、付ける範囲も長くして、本数も増やしましょう!


ということで2月末のアジアオープンまでに、間に合わせて頂けることに。
現在はさらに羽根が増え、目立つようになりました!

2月 アジアオープン選手権での写真


フィードバックを経て修正、完成へ…

私が着るドレスは縦横共に大きく見せたいため、背中を広く開けています。
するとどうしても、デザインを乗せる場所=生地のある所が狭くなってしまうんですね💦

今回も鳥の胴体部分はスカートの上なのでいいのですが、首と顔をどうしたものか・・・と関さんが考えてくださった結果の位置と向きです。

参考にした画像そっくりのイメージに出来上がりました!
※中央のイラストは、参考画像をもとに再現模写したものです。

私のイメージ先行で、それをデザイン画に起こしてもらい作ったドレスは、実は初めてだったんです!
初期のデザイン画とは大きく変わりましたが、自分のイメージが形になっていく過程はとても楽しかったです。

今回は徹底的に後ろ姿にこだわったドレスでした!


こちらのドレス、販売やレンタルに関しては応相談です。
info@shiraishidance.comまでご連絡ください。

ドレス制作年:2020年
デザイナー:デザインルーム中川/関 仁美
写真提供:Kaoringworksダンスウェーブ

file. 2

炎に舞う不死鳥! フェニックスドレス


こんにちは!
花田みずほが今まで着用してきたオーダードレスの数々…そのこだわり&制作ウラ話を紹介するコーナー『みずほのこだわりドレス』
今回が第2回となります。

このドレスは今期(2020年)用に作成したドレスです。
残念ながら試合では、1月のUK選手権と2月のインペリアルチャンピオンシップ、アジアオープンの3試合しか着られていないドレスとなっています。


私が形にしたかったイメージ

今回は私の中に、どうしても形にしたいイメージがありました。なので、前回赤ドレスを着たときから短いスパンでの、赤ドレス作成となりました。

デザイナーの関さんと私との間で、このようなやり取りが…


今回は赤で!
メラメラしたイメージで!
め、メラメラ…?
スカートは広がるように!
回ったとき横にボリュームが欲しいです!
ふんふん
後ろに火の鳥のデザイン入れたいんです!
石とか羽根とかで…
火の鳥? え…? え?
どんな感じの…?
手塚治虫…?
あ、そっちじゃないです💦
では「こんな感じ」っていう、参考にした画像を送りますね!
これとまったく同じにしたいわけじゃないんですが、イメージです!


こちらが参考にした画像、その1

https://www.istockphoto.com/jp/%E3%83%99%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC/phoenix-mythical-bird-on-white-gm597219822-102319705
↑ こちらも参考にした画像その2。埋め込み機能が使えないのでリンクです。


画像助かります
これをもとに、出来そうなデザイン考えますね!
…で!
ホールドしたときにこのデザインが見えるみたいにしたいんですよ!
歩いてるときは見えなくていいんです全然
なんかいい案ありますかね?
あー、なるほど
であればこれをこうしてみては・・・?


…などという、相変わらず具体的な説明のできない私の話を聞いて、きちんと形にしてくれる関さん。

出来るだけ赤のイメージを強くしたかったので、当初は赤の石で、羽根も赤で、と思っていたのですが…
逆にそれでは赤が映えない!という関さんの意見により、黄色やオレンジの羽根も使い、より鮮やかな配色に! 

フロートも、動きやすく、かつ、広がりを消してしまうことなくいかに胴体と繋がって見せるかという部分に苦心しました。

全面羽根?
いやいやそれじゃ重くて飛ばない!
…などなど、手探りが続きます。

競技会でのドレスお披露目!

無事仕上がったドレスを持ち、イギリスへ出発!
そしてUK戦でのニュードレスお披露目!

(結果はともかく)意気揚々と踊って帰ってきたわけですが、後日撮って頂いていた写真をみていて、意外とデザインが目立たないことに気付き、再び関さんの元へ…

1月 UK選手権のときの写真


意外と会場では目立たなかったんですよね
羽根を増やしたいんですが…
そうですね~
作った時点ではちょうどいいかと思ったんですけど、意外と、もっとやっていいんですね!
では羽根の量を増やして、付ける範囲も長くして、本数も増やしましょう!


ということで2月末のアジアオープンまでに、間に合わせて頂けることに。
現在はさらに羽根が増え、目立つようになりました!

2月 アジアオープン選手権での写真


フィードバックを経て修正、完成へ…

私が着るドレスは縦横共に大きく見せたいため、背中を広く開けています。
するとどうしても、デザインを乗せる場所=生地のある所が狭くなってしまうんですね💦

今回も鳥の胴体部分はスカートの上なのでいいのですが、首と顔をどうしたものか・・・と関さんが考えてくださった結果の位置と向きです。

参考にした画像そっくりのイメージに出来上がりました!
※中央のイラストは、参考画像をもとに再現模写したものです。

私のイメージ先行で、それをデザイン画に起こしてもらい作ったドレスは、実は初めてだったんです!
初期のデザイン画とは大きく変わりましたが、自分のイメージが形になっていく過程はとても楽しかったです。

今回は徹底的に後ろ姿にこだわったドレスでした!


こちらのドレス、販売やレンタルに関しては応相談です。
info@shiraishidance.comまでご連絡ください。

ドレス制作年:2020年
デザイナー:デザインルーム中川/関 仁美
写真提供:Kaoringworksダンスウェーブ