英語のお勉強??

こんにちは!のぞみです。

先日の花田先生の、ボールルームのホールドのお話、興味深かったですね~。

ということで、わたしは、ラテンの、サンバのステップの名前について!
少しマニアックですが、おつきあいくださいませ。。

サンバで、男性の懐から女性がくるくると回って出て、そして戻ってくるステップ、皆様ご存じですか?
ご覧になったこと、あると思います。踊ったことある方ももちろんいらっしゃるでしょう!

社交ダンス(競技ダンス)を始めた頃のわたしの、憧れのステップでもありました😁

ステップを例えるなら、悪代官様がおなごの帯をほどいてしまう、『あ~れぇ~』という、アレです。

…わかりますよね!!??(分かってほしい💦)

さて、このステップの名前、よく間違えられるのは、

『ローリング・オブ・ジ・アーム』

と思われがちですが、本当は、

『ローリング・オフ・ジ・アーム』

です!

of ではなくて、off なんですね~

日本語で意味を考えると、腕「から」回って出ていく感じだから『of』と言ってしまうのもわかりますが、
『off』には、「~から(離れて,隔たって)」
という意味があるので、やっぱりこちらが正解ですね!(飛行機が飛び立つ時の『take off』が分かりやすいですね)

このステップ名を言う機会があったら(あるかしら!?)、皆さん、大きな声で『ローリング・オフ・ジ・アーム』と言ってくださいね!

・・・あ、写真は、本文と一見関係ないのですが、実はサンバの『プロムナードラン』(これもホントは正式名称が…)の瞬間です。

(のぞみ)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください