スカートの丈

今日は随分暑かったですね。
シライシダンススタジオでもエアコン大活躍でした。

最近私の中で流行っているのが、動画サイトで昔の動画を探す事。
競技会の映像は1950年代からのものがありました。いやー、なかなか興味深いですね。案外使っているステップは変わらないんだなぁと思う反面、スタイルの違いは明確ですね。衣装等はもちろんですが、ホールドの形であったり女性の頭のある位置であったり・・・。

ちなみに1950という表記のある(男性の背番号がついていたからおそらく)競技会の映像ではスタンダードの衣装は足首までの長さのあるロングドレスでした。ボリュームもたっぷりあるタイプですね。
そこからふくらはぎ丈でかなりボリュームのあるタイプの衣装になっていき、1970年代はもう少しスカートが短くなり、膝丈くらいでしょうか。ボリュームは継続して多いタイプですね。1983年にはまた足首までのロングドレスに。1982年にはまだ膝丈だったのが、この一年でガラッと変わったようですね。確かスカートが短くなったのは審査の際に足元がよく見えるようにということだったように記憶しているのですが・・・。単なる流行で長くなったのか、何かがあってそうなったのか。気になるところですね。

最近では素材や形はかなり多様化しています。女性にとっては衣装選びは楽しみの一つ!本当に色々なタイプのものがありますので、是非色々なものにチャレンジしてみてくださいね!新しい発見があるかもしれませんよ~。

みずほでした!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください